2019年4月24日水曜日

9票少なかったら

何とか当選できました。
定数26の25位当選。
「共産党の新人男性は~」のジンクス、これで終わりにしましょう。
当選確定が月曜2時5分。冷や冷やドキドキの5時間でした。
これまた貴重な経験です。
共産党の議席は3から2へ。
1マイナスです。
月曜夕方事務所前で
ご苦労さん会。娘二人が駆け付けてくれました。

2019年4月20日土曜日

一生懸命の一週間でした

生まれて初めての選挙戦終わりました。
いろんな方の声援を受けとめ、一生懸命でした。
雨の影響もほとんどなかったです。

明日は投票日。
昨日までに支持を約束してくれた方、
「大事な選挙です。棄権せず、投票にお出かけください」と気軽に投票を呼びかけましょう。

本当に一週間貴重な経験でした。

2019年4月19日金曜日

消費税10%増税 政権与党内に動揺!

 自民党の萩生田幹事長代行の言及が政権与党に動揺を与えています。代行は共産党の主張は説得力がある」と言い、今度は「景気の後退局面に入る中で消費税増税の見送り」発言です。

国民世論と共産党の訴えが安倍政権を追い詰めてきました。「消費税10%増税をこの選挙で止めよう」今回の市議選で増税ノーの審判を下しましょう。
 
今の市議会は一言で言うなら、国言いなり、市長提案に言いなりです。
「増税いやだ」「国保税を協会けんぽ並みに値下げせよ」。その願いは石田雄二に託してください。

2019年4月18日木曜日

3候補そろい踏み

18日午後5時半から
平塚駅北口都まんじゅう前で
「3候補そろい踏み」がありました。
①岡村共栄県後援会会長
②私(石田ゆうじ)
③松本とし子
④高山和義
⑤あさか由香さんの順番です。
「安心して暮らせる平塚を」の観点で6分間車上から訴えました。
「最初のころに比べると、だいぶ話が上手になったね」と言ってもらえました。
さああと2日(金・土)。
喉がつぶれるほど、皆さんに「安心して暮らせる平塚を」を訴え続けます。
よろしくお願いします。
何としても、当選したい。
まわりの方への声掛けをお願いします。

2019年4月17日水曜日

期待と激励、日に日に高まる

石田ゆうじへの期待と激励が日に日に高まっているのをどんどん感じます。
 横内団地では、団地にお住いの原さんが応援演説をかって出てくれました(写真)。
 安倍政治の年金政策を批判、「真に年金生活者が安心して暮らせる年金制度をこの平塚から発信して行こう。石田ゆうじ候補の議会での働きで実現していこう。ぜひ石田ゆうじ候補を議会に」と力強く訴えてくれました。
 街頭演説のあちこちで、「がんばってください」かけよって握手を求める人がいます。
「私にもしゃべらせて」とマイクを持つ人、カンパを寄せてくれる人などたくさんの期待、激励を感じてます。

選挙公報が届きました。
ぜひお読みください。
選挙はがき、選挙公報、証紙ビラ、リーフレット、個人パンフ、政策ビラ
市会議員立候補の決意から、あっという間の半年。
あとは支持を増やしに増やし、当選することしかありません。

2019年4月16日火曜日

顔が精悍になってきました

選挙3日目。
暖かな一日でした。雨なしが一番です。
顔もだいぶ日焼けしました。

選挙カーの看板部分の私と比べてください。
黒くなり、顔も絞れてきました。

大神・田村地域では「医療施設を」と訴えると反応がすごく良いです。 
「市庁舎駐車場無料化!」これも反応がいい。皆さん選挙カーに向かって手を振ってくれます。
市役所まで車を使う方が多いのでしょうか。

18日(木)午後5時半から、平塚駅北口ラスカ前であさか由香さんを迎え「街頭演説」を行います。
高山・松本市会議員と私が揃ってお話しします。

2019年4月15日月曜日

大神 に 医 療 施 設 を

昨日の出陣式では多くの方に期待の声を聞くことができました。

●小菅さん(大神地区)
「大神は平塚の北の核ですが、大型店や倉庫など大規模開発が進んでいます。病院の誘致が不可能となりました。住民が健康で安心して生活していくには、病院は欠かせません。この問題を解決するために立ち上がったのが石田雄二候補です。長らく医療機関に従事し、住民の声に耳を傾け、住民のために働いてくれる石田雄二さんをぜひ応援してください」

●岡村共栄弁護士(平塚市後援会会長)
「国保税で苦しめられている市民を救うためにも、医療・介護の専門家である石田さんを市議会へ送り出してください。

●わたし
「平塚市議会はオール与党体制で、いとも簡単に国保税の値上げを決めてしまった。
『政治は怒りです』激しい怒りを感じています。
わたしを市議会に送り出していただき、改革させてください」